ミリーヤ 「群青」 「優しい雨」


b0097490_2257198.jpg


ついに!
「優しい雨」 「群青」 
ミリーヤさんのボーカルmixが完成しました!!
とにかく嬉しいですね!

↓是非、きいてください!!
「優しい雨」
「群青」

↓こちらも宜しく
「君の歌がききたくて」
「スカボロ・フェア」
「君の歌がききたくて」
♪この道ずーっと歩いたら・・・♪
♪悲しい思い出消えるかな・・・♪
「猫魔刃の秘密~猫につばさがあったら(オルゴール)」

「ネコ様侍 にゃん9郎」


ミリーヤ (mry*m) について

フーとアミの姉妹デュオユニットです。デュオユニットということもあり、「聖母マリア」と「マグダラのマリア」という二人のマリアにちなみ名付けたものです。 聖母マリアは、いわずと知れたイエス・キリストの母。世界中で信仰を集めています。マグダラのマリアも「悔悛した罪の女」「イエスの死と復活の証人」「娼婦の守護聖人」などなど「イエスの妻」であったという研究もあり永く人々を魅了してきた聖人です。

また、マリアという発音はギリシャ語、ラテン語の発音でヘブライ語ではミリヤムと発音したというのが一般的です。ただ、それもヘブライ語の表記が子音しか持たないためミリヤムは表記上MRYMとなりそれが本当にどう発音されていたかは分らないそうです。
このことから、MRYMの表記にマッチする最も美しい響きは?と考え、フーとアミのデュオユニット名をミリーヤ (mry*m)としました。
(ちなみに*には”小さな星”という意味があります)

フーとアミのどちらが「聖母マリア」でどちらが「マグダラのマリア」かは分りませんが…。それぞれ違う二人のマリアには、これからも心に優しい歌をずっとずっと歌っていってもらたいです。

「群青」の詞は、もともと西村文一氏の写真展「北の群青」からイメージをもらったものです。アイヌの地名が残る東北の風景を追った作品は、その裏側にそこで生きた人たちの思いを隠しどこか切なさを感じるものでした。
そして、瑠璃(ラピスラズリ)を原料として生まれるウルトラマリンブルーという色の和名が群青です。青が群れる色というのは、なかなか奥深いものではないでしょうか。また、このウルトラマリンブルーは最上の色として絵画においては聖母マリアに捧げられた色でありマドンナブルーの別名があるそうです。きっと、この色を求めた多くの人の歴史があるのでしょうね。
[PR]
by maguromaron | 2008-01-13 22:55 | ミリーヤ
<< 新しいオモチャで、今日も元気! 東京コンテンツマーケットとリッ... >>